COM・マイクロフィルム電子化サービス

メインビジュアル

このようなお悩みありませんか?

  • COM・マイクロフィルムの紛失リスクを回避したい
  • 大量のCOM・マイクロフィルムを電子化したい
  • セキュリティがしっかりしている会社に依頼したい
  • マイクロリーダープリンタの保守期限が切れて、修理ができず困っている
  • 電子化したデータの検索・閲覧についても相談したい
このようなお悩みありませんか?

山崎情報産業のCOM・マイクロフィルム電子化サービスなら可能です

COM・マイクロフィルム電子化とは

フィッシュフィルムやロール状フィルム、ジャケット、アパーチュアカードなど、あらゆる形態のマイクロフィルムをスキャンして電子化します。
電子化したマイクロフィルムの情報は、ネットワークに接続したパソコンで検索できます。
このため、マイクロフィルムを物理的に検索する必要がなくなり、紛失リスクを回避できます。
また、作業時は強固なセキュリティー環境で行いますので、個人情報を含むマイクロフィルムなども安心してご依頼ください。

サービスの特長

  • 強固なセキュリティ体制

    プライバシーマークの使用許諾を取得している当社では、セキュリティカードによる入退室管理、監視カメラの設置など、強固なセキュリティ体制のもとでスキャン作業を行います。また、お預かりしたCOMマイクロフィルムは、ご要望に応じて耐火金庫で厳重に保管します。

  • 高品質のサービスを提供

    情報管理に関する長年の実績と、上場企業・金融機関をはじめ多くのお客様から得た信頼をもとに、品質の高いサービス提供をお約束します。当社はISO9001の認証を取得し、品質マニュアルに基づき、お客様にご満足いただけるサービスを提供いたします。

  • COMフィッシュ(フィルム)に関するトータルソリューションの提案

    電子化したデータの運用方法についてもご相談ください。当社独自のCOMフィッシュ検索システム「COM Viewer」を活用した業務改善案など、お客様の課題や目的に応じたソリューションを提案させていただきます。

ご利用の流れ

ご利用の流れイラスト

  • ①現物確認、仕様打合せ、②見積り・仕様作成

    • 正確なお見積り金額を算出するためには、電子化対象フィルムの状態(保管状態、傷・ごみの状態、劣化状態)の確認、スキャンする上での対象フィルムの取り扱い、ご希望の納品形態(解像度・階調等のスキャン仕様等)、納期などのヒアリングをさせていただいてからになります。
    • スキャンの際の保存データ形式は、PDF,TIF,JPEG等ご希望の形式をご指定ください。 また、スキャンデータを検索閲覧するのに便利な「i-file」もご検討ください。
    • 決められたご予算内で目的を果たすためには…というご相談には、こちらから仕様についてご提案させていただく場合もございます。
  • ③サンプル確認・ご発注

    • 電子化データの品質確認、また、納品形態の仕様を最終確定するため、弊社よりサンプルをご提示する場合がございます。お見積り内容・金額・仕様がすべて確定した上でご発注いただきます。
  • ④原稿引取

    • ご契約前の仕様で決定している方法にて、先ずはスキャン対象フィルムを受け取る手配から始まります。 スキャン対象フィルムの量・種類も当然ですが、移動距離・引取に伺う拠点数に応じた引取方法、スケジュールの調整を行いお伺いします。また機密情報が記録されているフィルムについてはご希望のセキュリティレベルに合わせたお引取方法を整えて伺います。
  • ⑤テスト作業、⑥本番スキャン作業

    • ①・②で決定した仕様に応じた作業体制を組み、高品質かつ高セキュリティの作業を実施いたします。
  • ⑦検索キー入力

    • スキャンしたデータを既存の検索システムに乗せる場合は、それを想定したテキスト情報の入力(検索キーワードの入力作業)等、既存システムへ登録するためのデータ作成も承っております。(データエントリー(入力代行について))
  • ⑧納品前チェック

    • 一通りの作業完了後は、再度、納品前の最終チェックを行います。 チェック作業を入念に行い、高品質のサービスを提供出来るよう努めております。
  • ⑨納品

    • ご納品の際には、同時にお預かりしたフィルムのご返却を行います。返却の際、元の引取場所ではなく、倉庫等の保管場所への手配も可能です。(但し、お立会いいただき返却物のチェックを行わせていただきます。)

料金について詳しく知りたい方は
まずはお問い合わせください

書類の状態、サイズ等によって価格は変動します。
また、大量の場合はボリュームディスカウントも提供させていただきますので詳しくはお問合せください。

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でもお気軽にご相談下さい。
東京本社
03-3866-1156

その他のサービス

付随する業務も柔軟に対応します。

よくあるご質問

COM・マイクロフィルム電子化サービスに関連する質問をご紹介いたします。

  • どのようなマイクロフィルムのスキャンに対応出来るのですか

    フィッシュフィルム、ロール状マイクロフィルム(16mm,35mm)、ジャケット、アパーチュアカード等あらゆる形態のCOMマイクロフィルムの対応が可能です。

  • マイクロフィルムは永年保存できる媒体と聞いていますが、劣化はしないのでしょうか

    最近のマイクロフィルムは「PETベース」というポリエステル素材であるため、劣悪な環境(極度な高温・高湿など)で保管しない限り、ほぼ劣化はありません。
    しかし、今からおよそ30~40年以上前に「TACベース」というセルロースエステル素材で作成されたマイクロフィルムに関しては、経年により変質することが判明しております。劣化の症状として、酸化してアンモニア臭を発し、場合によってはフィルムがひび割れたりワカメ状になるケースもあります。
    このような症状が少しでも見られるフィルムをお持ちの場合は即座にスキャンして、劣化のない素材のマイクロフィルムで再度保存する事をお勧めいたします。

お気軽にご相談ください

まずは詳細を知りたい

相談したい・詳しく話を聞きたい

お電話でもお気軽にご相談下さい。

東京本社
03-3866-1156