HOME > サービス・製品案内 > RPAソリューション

RPAソリューションサービス

RPAとは
 

RPA (Robotic Process Automation)とはルールエンジン・機械学習・人工知能などを
活用し、ホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みのことです。
仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれています。

山崎情報産業では純国産のRPAシステム「WinActor」を通じてRPAソリューションの提案が
可能です。                                          

WinActor.png

 

RPAシステム「WinActor」とは

Excel、ブラウザ、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能な
あらゆるアプリーケーション操作をシナリオとして学習し、PC操作を自動化
する純国産のソフトウエアロボットです。
シナリオは、プログラミング等の特別な知識が無くても簡単に作成する事が出来ます。

RPAで出来ること

下記のような大量な繰り返し作業に対して人海で対応している場合、「WinActor」によって
作業を自動化し、飛躍的な業務効率化が実現出来るかもしれません。
「効率化・自動化をしたい」「これ以上人手を掛けたくない」「人手対応でミスが多い」
「現状のシステム改修は厳しいが改善したい」等の課題がある場合、一度ご相談ください。

・大量のデータ投入、転記作業
・起案、承認等のワークフロー操作
・キッティング作業時の端末設定・アプリインストール作業
・ダイレクトメールの送信
・Webサイト検索、インターネットからの情報収集 
・Webサイトの更新 
・HPのリンクやメーリングリストの死活確認
・印刷・PDF化作業
・データ分析、加工と配布。
・複数台の端末を用いた負荷テスト
・サーバーメンテナンス(コマンドライン操作)
・SQL発行(DB管理ソフトの操作)

山崎情報産業のRPAソリューション

 以下にRPAソリューション内容を記載いたしました。

 ①RPAシステム「WinActor」ライセンス販売
 年額契約のライセンスの販売になります。
 ライセンスは下記2種類になります。
  ・フル機能版:シナリオ作成する機能とシナリオ実行する機能の両方を有する
  ・実行版  :シナリオ実行機能のみを有する
  ※実行版は機能が限定されている分、安価ですが、実行版のみの購入は不可です。
 ②RPAのシナリオ作成支援
 フル機能版ライセンスを購入して頂ければ、「WinActor」でシナリオを作成していく事が可能です。
 プログラミング等の特別な知識が無くても簡単にシナリオ作成ができます。
 しかし、そのためには、RPAに落とし込むための業務の整理や整理した業務をシナリオ化するために
 「WinActor」での操作を修得する必要があります。
 山崎情報産業では、そのような業務の整理からシナリオ化までの支援サービスも行わせて頂きます。

RPAシステム「WinActor」の動作環境

ハードウェア環境

 項目

概要仕様

 CPU

Intel Pentium4 2.5GHz相当以上

 メモリ

2.0GB以上

 HDD

空き容量500MB以上

 画面

最低1024×768が表示可能


ソフトウェア環境

 項目

概要仕様

 OS

Microsoft Windows 7 Professional SP1

Microsoft Windows 8 Professional

Microsoft Windows 8.1 Professional update1

Microsoft Windows 10 Professional

 ウェブブラウザ

対象となる業務アプリケーションがInternet Explorerを使用する場合には、
対象ブラウザはMicrosoft Internet Explorer(以下、IE)のバージョンは
8,9,10,11であること。 (※UI認識インターフェース利用時)

 アプリケーション

WinActorでは、処理の自動実行時に外部ファイルから読み込んだ値をシナリオ中で
利用する変数に格納することや、実行結果を外部ファイルに書き出すことができます。
外部ファイルの形式としては、csv形式とExcel形式(拡張子がxls、xlsx、xlsb、xlsm)が
利用可能。
※Excel形式を利用する場合には、Microsoft Office Excel 2007、2010、2013の
いずれかのインストールが必要。

  • TEL:03-3866-1156
  • お問い合わせはこちら
  • よくあるご質問