HOME > お役立ち情報 > 売り場作りが果たす役割

売り場作りが果たす役割

これまで、このお役立ち情報では、販売促進部署の担当者様向けに日々の業務で
お役立ち出来るような内容を掲載しておりましたが、
今回は店舗、つまり現場に焦点を置き換え、記事を掲載致します。

小売店舗では、「店内」にいる顧客(ショッパー)行動心理をベースに商品を認知させ、
購買に繋げるかを考えながら、定期的に陳列レイアウトを変更したり、魅力的なPOP作成を
行ったりと、来店した顧客の購買意欲を刺激するような工夫した売り場作りに時間を
掛けているかと思います。
そして、その売り場作りによって、その日の売上向上ばかりか、口コミが広がり
来店顧客の増加にも繋がっている事と思います。

「売り場作り」は短期的にも長期的にも売上向上に直結し、非常に重要な位置づけである
事は言うまでもありません。

しかし、「店内」にいる顧客は、イコール全体の顧客なのか?という視点で考えた時に、
「店内」にいる顧客は、ほんの一部の顧客に過ぎないという事実もあります。

せっかく作った魅力的な商品POPや売り場レイアウトによって、「店内」の顧客に
対しては良いPRが出来ているものの、「自宅」や「店外」にいる大半の顧客に対して、
その店内の盛り上がりや臨場感を同様に伝えられているのか?というと、時間や手間・
コスト等の視点からなかなかうまく出来ていない小売店舗も多いのではないかと思います。

「自宅」や「店外」にいる大半の顧客に対してのコミュニケーションは、どうしても
チラシやチラシアプリ等による価格訴求が主になってしまい、しかもそれは、店舗ではなく、
本部の販売促進の部署から一斉配信される情報で、各店舗の特徴や生の声を発信している
ものではないのが大半です。

そして、現在はインターネットやスマートフォン、それに絡むアプリケーションの普及から、
多くの小売企業はこれらを使って情報発信を行っています。
「自宅」や「店外」にいる顧客は、このような環境下で容易に情報を比較する事が
出来るようにもなっています。

そのため、最近では、チラシ等による価格だけの訴求ではなく、「自宅」や「店外」にいる
顧客の住む、身近な各店舗(現場)から臨場感ある生の声を発信し、より密接なコミュニケーションが
取れるツール・手段を用いる事が差別化の第一歩となっています。

そのツール・手段として、SNS(twitter、facebook)の利用や、弊社で販売をしている「ぽぷろう」
のような店舗主導で情報発信が出来るアプリケーションの導入が考えられます。
ここで大切なのは、手間や時間を掛けずに、継続してより密接したコミュニケーションを
取れる手段は何なのかを考えていく事だと思います。

補足情報

流通小売業界の今昔
マーケティング用語集
One to Oneマーケティングについて
ぽぷろう

  • TEL:03-3866-1156
  • お問い合わせはこちら
  • よくあるご質問