HOME > お役立ち情報 > トリプルメディアとは

トリプルメディアとは

トリプルメディアについて

トリプルメディアは、2009年頃から広告業界、特にWeb広告業界を中心に注目されはじめ、
トリプルメディアと呼ばれるオウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアの
3つのメディアから成る企業と消費者の接点となるメディアのことです。

オウンドメディア(owned media)とは、ownedには「自分自身の」という意味があり、
自身のメディア、つまり自社メディアと訳される言葉です。
自社のホームページ、オンラインストア、ブログ、メルマガ、アプリなど
コンテンツを自由に作成し配信できるメディアのことを指します。
特に、昨今ではスマホから閲覧する機会が急増しているため、
各種メディアのスマホ対応は必須であり、中でもスマホアプリは現在最も注目されており、
様々な機能を持ったアプリがリリースされています。

ペイドメディア(paid media)とは、その名の通り広告費を支払って広告を掲載し、集客に繋げるものです。
集客力は抜群であるものの一過性となることがほとんどであることとコスト増が懸念点として考えられます。

アーンドメディア(earned media)とは、earned「稼ぐ・得る」という意味があり、
消費者からの評判・信頼を稼ぐためのメディアと捉えていただければ分かりやすいと思います。
具体的には、Facebook、Twitter、LINEなどのSNSを通し消費者の生の声が他の消費者に波及し、
それが評判や信頼に繋がっていくイメージです。
こちらはペイドメディアに対し、コストが掛からず、
また、最も共感を得やすい消費者の生の声であることが最大の強みではありますが、
一方で、情報発信者が消費者であるため、企業側で情報をコントロールできないとことや
SNSには流行り廃れがあるなどの問題があります。
そのため、情報によって諸刃の剣となる可能性も高く、場合によってはマイナスに働くこともありますが、
消費者からの生の声は企業からの特売チラシより圧倒的に訴求力があります。

ユーザーの立場から見てみると、3つのメディアに垣根はなく、
情報収集を行おうとすれば自然とそれぞれのメディアから分け隔てなく情報を得ることとなります。
中でもコストを掛けず伝えたい情報を発信できるオウンドメディアは、トリプルメディアの核と考えられます。

オウンドメディアに期待されること

先ほど、オウンドメディアが核になると述べましたが、
このページを開くと何か有益な情報や自分にとってプラスになる情報が得られるなど
消費者に認識させ、継続的に閲覧させることが鍵です。
オウンドメディア内でコンテンツを充実させることで、消費者の囲い込みが実現し、
集客力のあるメディアとして成長する可能性は大いにあります。
それ自体が販促手段となり、他のメディアや販促ツールに頼ることなく、集客可能となります。
同時にSEO対策に繋がり、メディア露出を増やしECサイト等に誘致させるコンテンツとしても
オウンドメディアは貢献します。

補足情報

トリプルメディアの活用
マーケティング用語集
メルマガの役割
チラシの役割
  • TEL:03-3866-1156
  • お問い合わせはこちら
  • よくあるご質問