HOME > お役立ち情報 > 店舗主導の情報配信の必要性

店舗主導の情報配信の必要性について

情報配信の状況

近年、チラシやDM等の紙媒体による情報発信に平行して、インターネットや
スマートフォンアプリの普及や技術革新によって、それらを利用しての情報発信が
年々盛んになってきています。

特に、facebookやLINE、Cookpad等の既に有名なWeb媒体の情報配信機能を利用する
ケースが小売業の販促手段として、紙チラシのように一般的になりつつあります。

また、iOSやAndroid上にインストールして利用出来るようなアプリケーションを
企業独自でスクラッチ構築し、独自アプリからの情報発信によって
顧客への訴求力を高めようとしたり、パッケージ型のO2Oツールを導入して訴求力を
高めようとする企業も大手企業を中心に多々出てきています。

オフライン上での情報発信と、オンライン上での情報発信をうまく組み合わせ、
顧客に対する訴求力を高める各企業の動きが非常に過熱している状況です。
O2Oマーケティング

 

 

求められるのは現場主義

つい最近まで、SNSの利用やスマートフォンアプリの利用を検討・導入する事が
差別化になっていましたが、今ではどの企業もLINE@やCookpad特売情報、チラシル等を
当然のように行い、これだけでは差別化が図れなくなっています。
そればかりか、情報の氾濫によって、顧客が簡単に他社情報と比較出来る環境が整って
しまっており、結局価格競争に巻き込まれる事態になっているのではないでしょうか?

この事態から脱却するには、現場主義、つまり「店舗主導の情報発信」に
いかに近づけるかという事がテーマになるかと思います。

本部からの特売等を含めた価値ある情報の発信には限界があり、
各店舗が抱える顧客層や地域性に合わせた情報発信は難しいという現実と
その人にその人だけの情報配信を行っていくという、One to Oneマーケティングを
実践したいという理想があります。

小売企業の販売促進の担当の方としては、現実から理想に近づけようとすればするほど、
高い訴求力を実現しようとすればするほど、顧客との距離を縮める必要があり、
店舗主導で顧客と接し、情報発信していく事が必然的になっているかと思います。

但し、理想に近づくほど、コストや手間、リスク等、店舗の運営における様々な壁が
存在するという現実が顔を出してきます。

このジレンマを解決に導く方法やツールの存在を、どの企業も追い求めているのかもしれません。

補足情報

ぽぷろう 
  • TEL:03-3866-1156
  • お問い合わせはこちら
  • よくあるご質問