HOME > お役立ち情報 > なぜ店舗アプリが必要なのか

なぜ店舗アプリが必要なのか

小売市場変遷の背景

従来、大手スーパー各社では本部が主導となり、PB(プライベートブランド)開発に力を注いでいました。
大量に商品を仕入れることで価格を抑え、全国のどの店舗でも同様に安価に商品を購入できる仕組みを実現し、
市場は急成長していました。
しかし、インターネット、スマホの普及による情報過多も相まって
価格競争が激化し収益は減少へ転じています。

 

また、郊外型大型店舗を強化したことで都心部のニーズに対応できていない中、
カフェや惣菜に強みを持ったコンビニエンスストアや
安価で様々な食料品を扱うドラッグストアなど小規模店舗が台頭しています。
人々は自宅から距離があり、レジが混雑し、歩き疲れる広い店内のスーパーに敢えて行く必要がなくなり、
近場のコンビニやドラッグストアで買い物を済ませるようになっている傾向もあります。

 

人々のニーズが変化し、また、市場は飽和した状況の中、収益を拡大している企業も存在します。
それらには共通する点があり、価格訴求ではなく
独自性・付加価値のあるプレミアムな商品や店舗を開発していることです。
また、同時にその商品をニーズのある顧客に対して
伝わりやすい形で情報発信をしている販促活動がある背景にあります。

 

小売店に求められる販促手段

上記のような状況下で、大手スーパーでさえ、"独自性"や"付加価値"を
キーワードに販促活動を行っています。
そのため、小~中規模の小売店はより一層地域に根ざした
独自性と付加価値を提供する必要があります。
しかし、いくら独自性のある店舗づくりや付加価値のある商品を展開したところで、
お客様に認知されなければ意味がありません。
そこで、店内の情報を店外の顧客に配信することが求められます。

 

情報配信を行うのであれば、既にメルマガ配信を行っている企業も多数存在すると思います。
従来は店外の顧客に対し、情報発信を行う最善の手段としてメルマガを用いることが主となっていました。
しかし、現在はメルマガに対して良い印象を持つ顧客は殆どいません。
それは、不要な情報が送られてくる、メールアドレスを教えたくないなどの理由からです。
さらに、各種SNS(LINE等)の普及により、メールの開封率が減少している状況もあり、
メルマガの価値は下がっています。

(メルマガの役割

 

また、SNS(LINEやFacebookなど)を利用した販促も爆発的に増加していますが、
家族や友人からの情報に埋もれてしまうことや、
複数の異なる企業からの情報配信と重なり、独自性が弱まる恐れもあります。

 

独自性のある店舗づくりや数年後の将来を見据えた販促として店舗独自のO2Oアプリが注目されています。
このO2Oをアプリを通じて、特定の情報を特定のニーズがある顧客に対し配信することが
独自性を強化する近道になり得るのではないでしょうか。

 

補足情報

O2Oとオムニチャネルについて

流通小売業界の今昔

ぽぷろう

 

  • TEL:03-3866-1156
  • お問い合わせはこちら
  • よくあるご質問