HOME > お役立ち情報 > プッシュ通知とDMの違い

プッシュ通知とDMの違い

プッシュ通知とDMの違いから見るプッシュ通知の強み

前回の記事でプッシュ通知の効果についてご説明しましたが、
今回は、販促の立場から考えるとプッシュ通知とDM(メルマガ、ハガキ、チラシなど)の違いについて
さらに深く考えます。


プッシュ通知とDMの違いは大きく3点あります。

1つ目は、効果的な情報をリアルタイムかつ視覚的に訴えられる点です。
まず、DMハガキやチラシではリアルタイムの情報配信は不可能です。
メルマガの場合は、リアルタイムで情報配信が可能ですが、
メールアプリを起動しなければ、店舗からメール届いた情報を見ることはできず、
視覚的に伝えると言う面では弱い印象です。
開かずとも、内容の一部を閲覧できる機能もありますが、
メールタイトルのみあったり、本文の書き出しの一部のみなどと訴求力に欠けることが現状です。
しかし、プッシュ通知の場合は、スマホのロック画面に表示させたいテキストを表示させることができ、
また、ワンタッチでアプリを起動し情報の閲覧に繋げられるため、
メルマガよりも開封率が圧倒的に高いと言われています。

2つ目は、他の情報への高いアクセス性がある点です。
前述の通り、プッシュ通知からワンタッチでアプリを起動し、おすすめの情報を閲覧します。
その後、SNSなど他のアプリへのシェアやWebの詳細情報にリンクで飛べるなど
アプリならではの機能が備わっています。
それにより、消費者はより多くの情報を収集し、購買意欲を高めることができます。

3つ目は、アプリの維持・継続を担う点です。
一部メルマガにも同様のことが言えますが、プッシュ通知はスマートフォン内の
アプリがあってこその機能であり、アプリをアンインストールされてしまったり、
開かれなくなってしまうと全く意味がありません。
その際にプッシュ通知は、消費者が定期的にアプリを利用するきっかけになります。

定期的にプッシュ通知を行うことで、アプリの起動を促し、
あのお店には毎回何かのお得情報があると認識させ、日常的に情報を閲覧させることが大切です。
プッシュ通知は、顧客を来店に導くために、非常に有効な手段であると思います。

補足情報

プッシュ通知の効果
メルマガの役割
チラシの役割
ぽぷろう AR作成サービス
  • TEL:03-3866-1156
  • お問い合わせはこちら
  • よくあるご質問