HOME > お役立ち情報 > プッシュ通知の効果

プッシュ通知の効果

プッシュ通知とは

プッシュ通知とはスマートフォンアプリの通知機能で、
アプリを起動していなくても新着情報や更新情報をユーザーに届ける機能です。

弊社が販売している「ぽぷろう」のような流通向け自店アプリにも、この機能が搭載されています。
流通向け自店アプリとはチラシやメルマガで配信している情報(お買得情報等)を
スマホアプリを通じユーザーへ配信できるものです。
スマホを通じて顧客と接触することで実店舗への来店を促すことができます。

尚、プッシュ通知の他にユーザーへメッセージを通知する手段は下記のような手段があります。

・個人のメールアドレスへメールを配信(メルマガ)
・個人宅へ紙媒体を郵送(チラシ・DM)

今回の記事では、このような手段と比較した上でプッシュ通知がいかに効果的なのかを考えます。

プッシュ通知の特徴

①個人情報を管理する必要がない
メールマガジンにおいて、メールを配信するには個人情報の取得が必要です。
そのために、必ずメールアドレスを入力、あるいは空メールの送信を行い購読を申し込むことになります。
これに対してプッシュ通知は個人情報を収集する必要がありません。
顧客はアプリをインストールしプッシュ通知を許可しているだけで通知を受け取ることが出来る為、
お店側は個人情報を管理する必要がありません。

②リアルタイムに情報を届けられる
DMやメルマガはリアルタイムな情報配信というよりは定期的な配信での運用が多いです。
一方、プッシュ通知はリアルタイムな情報配信が可能です。

③WEBへの誘導率
メルマガの場合、「メール開封→リンククリック」の2ステップでWEBページへ還移します。
プッシュ通知の場合、「通知のクリック」のみの1ステップでWEBページに誘導することが可能です。
つまり、ユーザー側の手順が少ない為、メールよりも高い確率でWEBページへの誘導が出来ます。

④メッセージ到達率が100% (※メルマガは開封率、プッシュ通知は通知が端末に表示される率で比較)
メルマガの場合は、必ずその個人がよく使うアドレスが登録されるとは限りません。
あまり使わないパソコンやフリーメールのアドレスということや、
また、近年メルマガが乱立しメール受信量が増えたこともあり、あまり開封されていない場合もあります。
プッシュ通知の場合、ダイレクトにスマホ上に通知されるので、
ユーザー側での通知設定を「ON」にしておけば100%メッセージが届きます。

⑤低コストでの運用が可能
チラシやDMといった紙媒体を使う場合、ボリュームに応じて印刷費用がかかりますが、
プッシュ通知自体はアプリの運用費用(一般的に数千円~数万円/月)での配信が可能です。

当然、伝える内容に拠ってはメルマガやDM等の方がプッシュ通知よりも効果を発揮する場合はあります。
例えばメルマガは、プッシュ通知よりもメッセージの保存性が強く、
入力出来る文字数が多いためその点はメルマガの方に優位性があります。

それでも低コストでかつ個人情報を収集することなく、リアルタイムにダイレクトに送信でき、
メッセージが確実に到達する点から、他の手段よりもメリットが多いのではないでしょうか。

効果的に配信するために

プッシュ通知という機能が優れていても効果的な内容を配信しないと顧客の購買行動にも影響を与えません。
厳しく言うと閲覧されないプッシュ通知はユーザーの行動を妨げるだけの無駄なものとなります。

効果的な内容を配信するには、顧客が求めている情報を配信しなければなりません。
ユーザーが情報を受け取った際に「うれしい」「便利」だと感じてもらうような情報です。
例えば、LINEのプッシュ通知機能は友人からのメッセージが表示されるので
便利だと思っているユーザーは多いです。
具体的には一般的に下記の様な例が挙げられます。

・自分が欲しかった商品の情報
・友達からのメッセージ
・忘れていた予定の通知

反対に、顧客が求めていない情報や、多くの情報が通知されると嫌がられる傾向があります。
例えば同じ内容を何度も通知したり顧客が休んでいる時間帯(例えば深夜帯)に通知したりすれば
嫌がられるのは明らかです。
また、「●●が更新されました。」といった通知が1日に何件も配信された場合、
内容が具体的に分からず興味を持つことは難しいでしょう。

つまり、店舗側が顧客が求めている情報、すなわち、顧客層や地域性に合った情報を配信出来れば、
顧客は、このアプリのプッシュ通知は有益であると考え、購買行動にも影響を与えるでしょう。

顧客層や地域性に合った情報を配信するには何が必要なのでしょうか。

弊社が販売している「ぽぷろう」は、効果的なプッシュ通知が可能なアプリです。
下記の3つのポイントから効果的に配信ができます。

①本部からお知らせを配信するのではなく、各店舗のスタッフがお知らせ内容を考え配信でき、
各店舗の顧客と接している各店舗のスタッフが配信内容を考える事が出来ます。
そのため、より地域性にあったメッセージをお店主体での配信が可能です。

②顧客層や来店時間等に応じたターゲット配信が出来る
アプリインストール時に性別や、来店時間帯、年齢等の情報を収集する事で
ターゲットに応じたセグメント配信が可能です。
また内容毎にいいね!機能が搭載されており、いいね!の数で顧客がどの内容に
興味を持ったのか情報を取得する事ができ、日々変化する顧客のニーズを把握することが出来ます。

③プッシュ通知で「店名」や「お知らせの内容」等具体的なメッセージが表示される
他のアプリは「●●が更新されました。」といった店名や
具体的なメッセージが表示されない場合がありますが、
ぽぷろうは「○○店 今日16時からマグロの解体ショーを行います!145kgのマグロは大迫力!」といったプッシュ通知が可能です。

このように、プッシュ通知の有効性を踏まえた上で、効果的な通知が出来るツール選びが重要と考えます。

 

補足情報

ぽぷろう AR作成サービス
  • TEL:03-3866-1156
  • お問い合わせはこちら
  • よくあるご質問