HOME > お役立ち情報 > マーケティング用語集

マーケティング用語集

ここでは、主に「デジタルマーケティング」に関する用語説明をしていきます。


・SOLOMOマーケティング
ソーシャル(social)メディアと、スマートフォン等のモバイル(mobile)端末の位置情報
サービスを融合させたマーケティング施策の事です。
例:
 A店舗に行くと、スマートフォンからキャンペーンサイトにアクセスすると現在いる店舗の
 位置情報を確認される(その店舗への「チェックイン」が完了する)。
 チェックイン後、A店舗で利用出来るクーポンが端末上等で発行されるという仕組み。
 チェックイン機能は、チェックインするとSNSで友人のニュースフィードに流れる等して、
 その情報が拡散~連鎖されるような仕組みになっています。
 ※スマートフォンに関する用語についてはこちらからご確認ください。


・オウンドメディア
自社とWebサイトやブログ等、自社所有のメディアになります。
オウンドメディアWebだけに限らず、広報誌等の冊子ものも含まれます。
このオウンドメディアを活用したマーケティング手法として「オウンドマーケティング」があります。
従来のTVCMや雑誌広告等のペイドメディアマーケティングでは、広く消費者にアプローチは出来ますが、
顧客の集客が一過性のものになってしまいがちですが、
オウンドメディアマーケティングは、消費者にとって有用な情報を直接的に伝え、
長期的に顧客と信頼関係を構築していく事が出来るマーケティング手法となります。
(オウンドメディアについて)

例:
「健康」に関してAさんが必要な情報をWeb検索エンジンから調べようとした際に、
健康食品メーカーが運営する「健康豆知識」というサイトを閲覧した。
そのサイトで、健康に関する疑問について、答えや手助けになるような情報提供が書かれていた。
このサイトを度々訪れるAさんは、この健康食品メーカーや提供する商品について愛着が湧き、
商品を購入するようになり、このメーカーのファンとなっていった。
※このように、顧客を長期的に育てていくような方法を「ナーチャリング」と言います。

※その他、メディア呼称について
アーンドメディア:ソーシャルメディアのような、顧客からの信用や評判等の獲得を目的とするメディア
ペイドメディア:バナー広告等の各種広告のような、コスト掛けて顧客集客を目的とするメディア


・ソーシャルメディアマーケティング
facebook、twitter、LINE、instagram等のソーシャルメディア(SNS)を活用した
マーケティング手法になります。
ソーシャルメディア上で企業や扱う商品等の情報を提供したり、顧客と交流する事で、
顧客からの親近感や共感を得られるばかりか、
それまでは気づかなかった顧客の声や反応に触れる事が出来るメリットがあります。
これは、基本的には購買促進的な配信を行うものではなく、
あくまでも顧客との関係性を構築する手法であるため、顧客にとって有益な情報を配信する必要があります。
ソーシャルメディアには拡散効果がありますので、
少ない負担とコストで、高い効果を発揮する可能性がありますが、
その反面、不利益な情報が拡散されたりする可能性もあるため、
情報の発信にはガイドラインの整備等の対策が必要になります。


・One to Oneマーケティング
顧客一人ひとりの嗜好に合わせて、マーケティングを展開すること。
例えば、顧客の購買履歴等の情報を分析し、最適な商品情報の提供を行う等がこれに当たる。
これはマスマーケティングとは対極にあるマーケティング手法で、これまでは
技術やリソース的な問題から本当の意味でのOne to Oneマーケティングは実現出来ていませんでした。
しかし、現在ではビックデータの活用やデータ分析の技術が大きく向上した事で、
実現可能になってきています。最近では、Webや実店舗、DM等の
あらゆる媒体を横断した顧客の行動に合わせて、
自動的に購買促進の活動を行う「マーケティングオートメーション」ツールを活用して、
One to Oneマーケティングを行う事が注目されています。
(One to Oneマーケティングについて)

参考情報

O2Oとオムニチャネルについて
トリプルメディアについて
One to Oneマーケティングについて
O2Oスマートフォンアプリ「ぽぷろう」について

  • TEL:03-3866-1156
  • お問い合わせはこちら
  • よくあるご質問