HOME > お役立ち情報 > 情報発信は本部から?店舗から?

本部主導、店舗主導によるメリットとデメリット

本部アプリと店舗アプリ

お店から情報配信を行うアプリは大きく2種類あります。
1つは、本部が情報配信を行う本部型アプリ、
もう1つは、店舗のスタッフが情報配信を行う店舗型アプリです。

本部アプリは本部から各店舗の情報を配信する事から、
忙しい店舗のスタッフに負荷がかからず、また本部で一括して情報を管理することが出来ます。
一方、本部で情報配信することは、
そのお店のお客様が本当に必要な情報を配信しているかどうか、懐疑的な点があります。

例えば、数十店のスーパーを展開している本部のスタッフは、生のお客様と触れる機会が少ない為、
各々の店舗のお客様が本当に必要としている情報を配信出来ているのか疑問です。

対して、店舗アプリはその地域のお客様と常に接しているスタッフが情報を配信することで、
お客様にとって価値のある情報を配信出来るというメリットがあります。
例えば、店舗のある地域やお客様の年齢層によって配信すべき情報は異なります。
都心部にある店舗と郊外にある店舗や30~40代のお客様が多い店舗と50~60代のお客様が多い店舗では
配信すべき情報が異なるのは明らかです。
このように、地域密着で情報配信を行うことは他社とも差別化を図るポイントになります。

しかし、店舗のスタッフからの配信内容を本部側でチェックしなければ、
不適切な内容を配信してしまうことがあり、デメリットとして考えられます。

店舗から情報配信を行うリスクヘッジ

では、上記のように不適切な情報を発信するというリスク対し、
どのような対策を立てればいいのでしょうか。

対策1:店舗発信の情報を本部で確認
店舗スタッフが直接お客様に情報配信を行うのではなく、
本部の担当者が一度確認し、承認した上で配信する仕組みまたは運用を考えるを検討する必要があります。

対策2:社内での教育、ルール徹底
スタッフの教育やルールの徹底によりリスクを軽減することが出来ます。
例えば、アプリ運用のガイドラインを作成し、スタッフに共有することは必要不可欠です。
また、店長が生肉担当、青果担当など各担当者から配信される情報を承認し、
配信するなど二重で確認する体制を整えることで、さらに不適切な情報が配信される可能性は低くなります。

加えて、定期的に行われる店長会議などの場で、
各店舗のアプリ運用状況を共有することでさらに必要なルールや効率化できる運用方法などが検討でき、
より良い販促ツールになっていくのではないでしょうか

補足情報

販促アプリの種類
店舗アプリが必要な理由
ぽぷろう
  • TEL:03-3866-1156
  • お問い合わせはこちら
  • よくあるご質問