HOME > お役立ち情報 > Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い

最近まで、「Webマーケティング」という言葉が多く使われてきましたが、最近は「デジタルマーケティング」という言葉が使われる事が多く、同様の意味のものではないかと混同してしまう事もあるかと思いますが、
そもそもこの二つの違いは包括する概念の広さに違いがあります。
下記には、この2つの違いについて説明しております。

「Webマーケティング」とは?

Webマーケティングは、運営するある特定もしくは複数のWebサイトのアクセス流入~回遊・誘導~問合せ・購買等のアクションに繋げるマーケティング手法です。

例:SEO対策、Web広告(リスティング広告、バナー広告等)でアクセス流入を促す。
  Webサイト上を回遊されるようなコンテンツや最終的に問合せや購買に繋げる導線作りを行う。
  アクセス分析ツールでの効果測定、Webサイトコンテンツの改善を行う。 等

つまり、元々商品やサービスに対して興味がある顧客の状態を実際の問合せや購買という
アクションに変わるよう、その部分だけに特化したマーケティングと言えます。

「デジタルマーケティング」とは?

デジタルマーケティングは、自社ホームページ、メルマガ等のオウンドメディア、
facebookやtwitter等のソーシャルメディア、口コミサイトやブログ等のアーンドメディア、
スマートフォンアプリ、タブレット端末で提供するアプリケーション等、
様々な電子メディアを対象とする広い視野で、マーケティング手法を考える事です。
(オウンドメディアについて)


今までは、商品やサービスを認知させ、「興味」から「購買」という部分のみに特化した形でしたが、
現在では、あらゆるメディアでの顧客行動を分析し、無関心の顧客を興味、購買というフェーズに
育てていき(ナーチャリング)、顧客を獲得していくような、
顧客の購買までの連続的な態度変化をサポートしていく形のマーケティングになってきています。

顧客の連続的な購買までの態度変化 例:
 無関心→課題認識→情報収集→興味・比較検討→購買 (顧客心理について)

現在は、あらゆるメディアやデバイスが普及した事で、10年前では考えられない程に顧客との接点が
増えています。
そして、それらを利用して、マーケティングに関するシステムや技術が向上し、アプローチしたい顧客へ、
より効率的に効果的にアプローチ出きる方法も増えてきています。(オムニチャネル)

あらゆる企業で、このデジタルマーケティングを意識した動きが今後も活発になる事と思います。

参考情報

O2Oとオムニチャネルについて
マーケティング用語集
O2Oスマートフォンアプリ「ぽぷろう」について
ぽぷろう

  • TEL:03-3866-1156
  • お問い合わせはこちら
  • よくあるご質問